本文へジャンプ

株式会社アルプス

読みものコラム

アルプスワインから読みものコラムをお届けします。

ワイナリーの今

ワイナリーより 執筆者:企画広報部 野村㤗久

ようやく収穫期が終わり、ワインの仕込みも一段落の時期を向かえ、

収穫期の慌ただしさが嘘のようです。

気温も朝方は0度近くまで下がって、信州の長い冬に入っています。

先月末に日本初の(通称)ワイン法の施行もあり日本ワイン元年と言われています。

いろいろなメディアでも「日本ワイン」や「ラベル表記」などについて報道されています。

その記念すべき2018年に収穫した葡萄で仕込んだワイン達も一部のワイン除き、

今はワイナリーの地下にあるセラーでフレンチオーク樽の中でゆっくり熟成の時を迎えています。

ワインにもよりますが、半年~2年ほど熟成をします。

その後、瓶詰めされて皆様の前に登場となります。

しばしお待ちください。

ちなみに一番手前のオーク樽の中には今年のカベルネフランが入っています。

IMG_1936

カテゴリー

バックナンバー